村上春樹と仏教

サイトの趣旨

これは村上春樹さんの文学・小説を仏教の観点から研究するために、日本で開設された初めての本格的なサイトです。 いままで村上春樹さんは「グローバル作家」としての面に光があてられて論じられるのが普通でした。ですが、仏教思想に関心をもつ者の目からみると、村上さんほど「仏教的な」小説家は、現代日本ではほかに思いつかないほどです。 たとえば、村上さんの代表作の一つとされる『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に描かれる〈世界の終り〉はまさに『般若心経』の説く理想世界そのものです。 また、同じく代表作と目される『ねじまき鳥クロニクル』には唯識思想が色濃く反映していますし、『1Q84』は密教の世界観を下敷きにするなど、『風の歌を聴け』(1979)でデビューしてから今日にいたるまで、村上作品の底からは「生も死もない」という「生死即涅槃」「煩悩即菩提」の二大メッセージのエコーが聞こえてくる。 そして村上作品と仏教的世界観との親和性をおしえる例は、これらにはかぎりません。 本サイトは、2016年1月下旬まで、村上作品にみられる仏教的世界観の展開をその主要な八つの長編小説を素材に追った研究論文「仏教と村上春樹」を掲載しました。 これを皮切りに、今後も「研究」「連載」「エッセイ」の各欄を柱に内容をさらに充実させてゆくつもりです。 では、はじめましょう。

ニュース

『「無常先進国」ニッポン』(楽工社・税別1300円)が発売されました。

副題は「AI時代を先取りする、日本仏教と日本人の世界観」。
お求めの方は、お近くの書店またはネット書店でどうぞ。


平野純監修『ブッダの毒舌』(芸術新聞社・税別1300円)が発売中です。。

「毒舌家」で鳴らした仏教の教祖ブッダの過激な発言を精選した名言集です。
お求めの方は、お近くの書店またはネット書店でどうぞ。


平野純著『裸の仏教』(芸術新聞社・税別1850円)が発売中です。

ブッダ゛の怪物的な教祖としての側面に焦点をあて、追求した仏教の入門書です。
阿部清子さんの迫力ある挿画もお楽しみください。


平野純著『高校生からわかる〈ソロ仏教〉入門』(kindle・600円)が発売中。


平野純著『村上春樹と仏教』Ⅰ・Ⅱが発売中です(楽工社・各2400円)

当サイトに掲載した「仏教と村上春樹」「村上春樹の世界」(2015年11月~2016年1月)および「作品研究」(2016年2月~2016年3月)に大幅に加筆・修正したものです。
一般書店またはネット書店にてご注文ください。


当サイトに現在掲載中の文章は以下の通りです

【連載欄】
〔仏教篇〕
「現代アートと仏教」/「時間SFと仏教」/「AR(拡張現実)と仏教」/「ミニマリストと仏教」/「グローバル帝国の運命と仏教」/「仏教3・0と神秘主義」/「IoT社会と〈梵我一如〉」/「ホログラフィー理論と仏教」/「ゲノム編集技術〈クリスパー〉と仏教」
〔村上春樹篇〕
「クロモフォビアからみる『騎士団長殺し』」/「『騎士団長殺し』を読んで」/「春樹文学の行方について」

【エッセイ欄】
「仏教から見たLGBT問題」/「仏教から見た水道橋博士の『語り』」/「宇宙人と仏教」/「仏教から読む『藝人春秋2』」/「初音ミクと仏教」/「仮想通貨と仏教」/「日本のヒューマノイド文化と仏教」/「仏教から見た『武蔵無常』」「仏教から読み解く『獄門島』」「仏教から読み解く『八つ墓村』」


村上春樹と仏教 Pagetop

Copyright (C) 2018 平野 純 All Rights Reserved.